結局どっちが人生楽しく過ごせる!?
東京と北海道の看護師ライフを徹底比較

上京転職看護師の体験談
この記事は約5分で読めます。

上京する判断材料がほしい、引っ越しや転職を効率よくこなしたい新卒や転職でお悩みの看護師さんの参考になればと思い書いています!

この記事では東京を北海道(地方)の看護師の立場から生活してみた経験をまとめています。
転居の不安が一つでも解消し、前向きに将来を考えていけるように今回は実体験をもとに上京する転職の詳細と実際の東京の暮らしをご説明します。

私は、北海道の医療系大学を卒業して3年間看護師として働き上京しました。
この記事では、上京を決断するまでの思考整理と実際に上京前後での気持ちと生活を比較し書いています!!

結論

東京の看護師の方が職の選択や出会いの幅が広くて人生楽しい!!

上京を考えた背景

参考までに私の上京に至るまでの背景をご説明します!

北海道での日々

わたしは北海道で育ち医療系大学卒業後、新卒で北海道の総合病院に勤務しました。

卒業の際も、上京するか迷っていましたが過酷な新人時代に親や友達がいない環境で耐えられる自信がなく断念…

プライベートというと

北海道での社会人3年間はそこそこ楽しく、頼れる親もいたし、友達ともフットワーク軽く飲み行きワイワイ安定した暮らしでした👌

彼氏もちょこちょこいましたが、人生を捧げるお相手には出会えず

仕事というと

休みが多く福利厚生が多い総合病院でしたが、忙しく責任感を強く感じる業務にやりがいと疲弊を感じてました。幸い人間関係には恵まれましたが、先輩の姿をみていたとき5年後も働き続けてる自分の姿が想像できず、臨床経験3年積んだら転職かな…と思っていました。

看護師としての基本的なスキルと社会人経験も積み転職を考え始めた時、何度も何度も北海道での25年間を振り返り、今後の人生を考えてみました!


上京を決心するまでの思考整理法

人生のターニングポイントで考えなくてはいけないことを洗い出して決心する

  1. ・上京することで得るもの失うものを書き出してみる
  2. ・今後人生目標や計画を考えてみる
  3. ・自分の人生目標や計画を達成するためのアプローチを考え必要があれば上京を選択する

①上京のメリット、デメリットを洗い出す

メリットデメリット

知の体験ができる

→地元の生活以外の雰囲気や生活の違いを体感できる

頼れる親や友達と離れること(親にも反対されていたので申し訳ない気持ちもあった)

今までの自分の人間関係や住居環境をリセットできる

→実際遠距離になったとしてもつながる人ととは繋がります。

どこに行ってもこんでいる

→新宿の14時代~夕方にかけてはお茶しようとしても4件いって4件とも満席であきらめました

トレンドを先取りできる引っ越しの出費がかさむ

上京することで得られる価値観がある

→北海道が逆に好きになる

 
美術館やフェス、ライブなど多く娯楽がある好きなアウトドアが手軽にできないこと
羽田空港や成田空港があり、国内も海外も旅行しやすいスノーボードやゴルフをやるにはコストも時間もかかってしまうこと

出会いの幅が広がる

→東京で玉の輿に乗っている子も

車で遠出する際に首都高速などアクセスするのに激こみする
仕事の幅が広い安くておいしい食事を食べられなくなること

給料が高い

東京平均年収:509.8万円

北海道平均年収:499.2万円

家賃が高い

東京平均家賃(1K):9.45万円

北海道平均家賃(1K):3.79万円

看護師の転職に関して

上京での転職では病院の評判を聞くことができません。3社ほど転職会社に登録していましたが、実際は各社で病院の評判がまちまちでナスコミを参考にしていました

自分の病院の口コミを投稿することで、違う病院の働いていた方のボーナスやシフトの休み希望の取り方など詳細な生の声を確認できます。転職会社を通じることで自分の市場価値や年収帯の確認をし、その中で人間関係や福利厚生を考慮し上京する病院を決めました。

② 今後人生目標や計画を考えてみる

給与面を考えると看護師という職が今後も自分の給与面でコスパがいい職と思うので、できるだけストレスフリーに看護師をつづけていける方法を考えたいと思いました。

上京を悩んでるタイミングで彼氏とも別れたし、出会いの幅を広げ自分の価値観を広げた上でいつか結婚ができればいいなと思っていました。

③自分の人生目標や計画を達成するためのアプローチを考え必要があれば状況を選択する

北海道と東京どちらでも転職活動していましたが、北海道の少ない選択肢より東京の多くの選択肢から選びたいと思いました。彼氏も同様に多くの選択肢から納得して選びたいと思いました。

そして上京することを決めました。

看護師の働き方を考える

【体験談】上京後の生活

プライベートというと

・どこに行ってもこんでいるから逆に出不精になった

・出会いの幅が広く、いろんな地方の友達や知り合いが増えた

・週末の娯楽がルーチン化してしまうが、更新されていくので飽きは来ない

・自分から活動しない限り、自分の周りの和は広がらず孤独をより感じた時期もあった

・実家の愛犬の死や親の体調不良等、家族イベントが起きたときに支援出来ないもどかしさを感じた

・街を歩いていればナンパやクラブなども多く刺激的な体験もおおい

仕事というと

・入職して1ヵ月頃に転職した職場でコロナのクラスターが発生し、自分も罹患

前職場でもクラスターが発生したという情報を聞いていたのでどこで働こうが看護師は感染の危険を伴うことを再認識しました…

→今後の出産や子育てを考えるとリモートワークでできるスキルを学ぼうとWEBデザイン等勉強開始しました

・コロナかかってから臨床での看護に恐怖感を感じ、知り合いの紹介で健康診断の検診看護師として診療所勤めになった

→給料はさほど高くなかったですが、定時で土日もお休みのストレスフリーな職場

副業やFPの勉強をし、看護師以外での生きていく術を身につけています

看護師やめたい

行動を正当化、合理化するために意識や感情を適応させるのが人間と心理学者のフェスティンガーも名言を残しています。

東京に来てみての自分の人生計画の補足修正を随時行って、人間は自分の選択が正しかったと思い込むことができるので、なんとかなります!

挑戦してみましょう!

看護師の皆さん2021年の8月から申し込み可能な就業準備金についての申込方法をまとめてます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  2. […] 【上京に悩んだらまず読んでみて】東京と北海道の看護師ライフの違い […]